フラメンコ芸術のクリスティーナ・ヘーレン財団は1996年にギターの生徒2人、バイレの生徒3人で最初のクラスを始めました。1996年から2006年まで、本拠地はサンタ・クルス街のカサ・デ・ペレス・コメンダドールにありました。その後、2016年までは、エリオポリス地区にある、ギターとカンテのクラスを行う本校とバイレのクラスを開講するエル・フンカル地区の、二つの校舎に分かれていいました。ちょうど20周年の時に、トリアーナの中心地区にあるプレサ通り76番地に新しい校舎をオープンしました。クリスティーナ・ヘーレンは夢を叶えたのです。すべての専門学科を、フラメンコ教育のためにデザインされた校舎一箇所にまとめるというだけでなく、自らの劇場、トリアーナ・フラメンコ劇場をも装備しているのです。新しい本拠地はセビージャの文化にとっても重要な場所になりました。

 創立から20年という時を経て、毎年100人以上の学生がそれぞれ3つのレベルを持つ専門学科に学び、各国からの学生の数はのべ6000人を超えています。彼らは皆、第一線で活躍するプロのフラメンコ・アーティストから成る教授陣に教えを受けてきした。これまでに、ナランヒート・デ・トリアーナ、マヌエル・ソレール、ホセ・デ・ラ・トマサ、エスペランサ・フェルナンデス、アルカンヘル、ミゲル・アンヘル・コルテスらが教授を務め、現在はホセ・デ・ラ・トマサ、ミラグロス・メンヒバル、ハビエル・バロン、ニーニョ・デ・プーラ、ペドロ・シエラ、パコ・コルテス、フアン・ホセ・アマドール、エル・チョロ、マリア・ホセ・ペレス、マヌエル・ロンボらが教えています。実際、私たちの歴史は私たちの若きアーティストたちの成功の、彼らが受賞した賞の数々、舞台、アルバム、コンサート、ツアー、冒険の歴史に他なりません。素晴らしいフェスティバルで大成功を収めたものもいますが、その他の者も毎日、クラスを行ったり、ファルセータを録音したり、カンテを決めた時に、同じように成功を収めているのです。彼らこそがクリスティーナ・ヘーレン財団の歴史の素晴らしいページを書き綴っていくのです。

FUNDACIÓN CRISTINA HEEREN. 2014 ©
リーガル / コンタクト / FACEBOOK / TWITTER / YOUTUBE / SUSCRÍBETE A NUESTRO BOLETÍN